スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re:

2013.02.26 (Tue)
某所に乗っからせていただきました。(物理的にも)
何人かお名前をお借りいたしましたこと(と本文中でひどい扱いをしましたことも)お詫び申し上げます。



件名:No title

本文
自宅安静は暇だ
話し相手が欲しい








件名:りたーん

本文
土産はうるさいのとムッツリとどっちが良い、か?



件名:レスポンスじゃないの?

本文
ひどーい!
うるさいって何なの!(≧ヘ≦) ムゥ



件名:resが語源

本文
まったく……電信でもうるさいですね。
安心して下さい、私は参りませんから。




「私が一番暇そうに見えた、か?」
 ひきこもりだから仕方ないね、とアビゲイルは笑った。

「実際そうだろ」

 引っ切り無しに届いていたケールとアンドリューの喧嘩(じゃれあい?)電信に辟易しながら、シュヴァリエはよう、と片手を上げた。
 宛先はシュヴァリエだけのはずなのに何故か成立しているのだ。なんだか怖い。

「許してやってくれ。あいつらもシュヴァさんの事をずっと心配していたんだ。きっとあいつらなりに暇つぶしになればと思ったんだろう……たぶん」

 言葉を重ねるごとに自信なさげに声が小さくなる。最終的にアビゲイルは謝罪の言葉を重ねがけした。部隊の不始末はリーダーの責任だ。

「いや、まあ……」

 不思議と、アビゲイルが来た途端にぴたりと止まったことは敢えて伏せ、曖昧に頷く。迷惑なことに変わりはないが、それだけ心配をかけていたのだろうと思いこむことにした。
 土産が来なくて良かったと内心安堵しているとは露知らず、アビゲイルはシュヴァリエの目の前に見舞品を並べだす。フライハイトの面々が描かれた人形のようだ。

「普通の見舞品じゃつまらない、だろ? 誰かが持って来るだろうし」
「……俺に人形を持って来るお前の感性がわからん」

 悪戯っぽく笑うとシュヴァリエは警戒しながらも人形の一つを手に取る。レオルくんだ。

「ちなみにこうなる」

 人形の上下左右を見回すシュヴァリエがなんだかおかしくて、言葉と共に手に取ったアビゲイル人形を真上に引き抜く。すぽんと小気味良い音と共に、中から一回り小さなアビゲイル人形が出てきた。

「マトリョーシカとか言ったか、シュヴァさんの帰りを待つ間に製作意欲が湧いて、ね」
「製作意欲って……まさか、おい」

 すぽんすぽんと、抜いていくとどんどん小さく可愛くなる人形。それとは逆に青ざめていくシュヴァリエ。もう気付かれてしまったのか。これだから勘の良い男は……。

「可愛いだろ? この新型爆弾」
「いらんわ!」

 今にも投げ捨てそうになっているが実行しないのはレオルくん人形だからか、それとも爆発を恐れてか。

「今ならストラップ型も付けるのに……」
「……それも全員分あるのか?」
「いや、まだシュヴァさんとレオルくんのだけだけど」
「よし買った!……ってそうじゃねぇだろ俺!」

 思わず食いついた。が、すぐにセルフつっこみ。ニヤニヤ笑うアビゲイルにも腹が立つ。

「アビゲイル、俺の家を爆発させる気か……」
「威力はない。ただの目くらましだよ」

 今度は狼厳人形を手に取ると軽く放り投げる。普段から爆発しろと言っている分、いかにも爆発しそうだ。

「こうやって、ちょっと魔力を込めれば良い」
 目を瞑ってろ、よ。そう言ってアビゲイルもまた目を閉じた。

 微量の魔力を解放すれば、目蓋の裏を焦がすような激しい光。遅れて聞こえた小さな爆発音。文句を言われる前にやんわりとシュヴァリエの上体を倒し、力を掛けすぎないように乗り上げる。

「何を…」

 口が開いたのを見計らって指を二本突っ込んだ。白黒する目を面白そうに喉で笑う。

「環境に優しいリサイクル式で何度でも使えるスグレモノさ。それからコレは……」

 シュヴァリエの咥内で十分に柔らかくなったそれを親指と人差し指で潰す。中からドロリとしたものが流れ出した。

「ケールに持たされたもので、ね」

 飲み込みまいと抵抗するシュヴァリエだが、そのまま指で中を嬲れば苦しげに喉を鳴らした。ケールと聞くなり、何を飲ませたと言わんばかりに、僅かに涙を滲ませながら睨み付けられる。

「……残念ながらただのウィスキーボンボン、だ」

 アビゲイルは中に何もなくなったことを確認して唾液に塗れた指を抜き、ペロリと舐める。甘い。

「私には度数が強すぎるが、シュヴァさんなら大丈夫かと思って」
「っはぁっ……お前な……」

 げほげほと咳込みながら文句を言う唇にもう一つ乗せる。今度はおとなしく受け入れたことに満足してアビゲイルは笑んだ。

「心配させた仕返し、だ。……なんだその顔は。また指を突っ込んでほしかったの、か?」

 未だ上に乗ったままニヤリと笑うアビゲイルに、シュヴァリエは力なく首を振った。




件名:Re:

本文
確かに自宅安静は暇だが
まともな話し相手が欲しい





途中からケールも乱入させようと思ってたらとんでもないことになりそうだったので(主にエ□方面で)急遽方向転換。
これでも一応B/L自重中。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://ab1555.blog.fc2.com/tb.php/15-663a4db3
トラックバック
コメント
上 に 乗 ら れ た だ と … !?
その上咥内を犯されるなんて…!

お見舞いありがとうございます!

>>今ならストラップ型も付けるのに
言い値で買おう(キリッ

しかし環境にやさしいリサイクル式とはすばらしい
どこぞの姉とは大違いだ…
皇帝 | 2013.02.26 20:50 | 編集
>皇帝様
≫上 に 乗 ら れ た だ と … !?
物理的に乗っかってごめんなさい!
色々やらかした感はありますが……(まだ平常運転です)。

≫言い値で買おう(キリッ
ストラップは護身用に是非!

……色々と各方面に謝り倒さねばならない気がしてきました。すごく今更ですが。
緑 | 2013.02.26 22:20 | 編集
(こっそり)
アビゲイルさんが凄いドSに見えました…!
ところで人形はいくらで売ってもらえますか?(正座待機
ぷちうさ | 2013.02.26 23:31 | 編集
>ぷちうさ様
≫アビゲイルさんが凄いドSに見えました…!
き、気のせいですたぶん!
面白いことは大好きな性格なのでそう見えるだけですたぶん!

≫ところで人形はいくらで売ってもらえますか?(正座待機
人形は欲しいならいくつでも無料でお配りしますよ。
どこに配達すればいいですか?
緑 | 2013.02.26 23:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。